ビタブリッドCヘアー 薄毛対策法

薄毛の対処方法

ビタブリッドCヘアーには薄毛対策としてプラスアルファの有効成分も特別配合されています!



ニュース等で知っている方もいるかもしれませんが、
東京医科歯科大学の西村栄美教授らのグループが「高齢になって髪の毛が抜けて薄くなるのは、毛を作る細胞がダメージを受けてフケのように落ちてしまうのが原因である」という衝撃的な研究結果を発表しました。

マウスによる実験で、「毛包」という器官にある髪の毛を作る細胞が高齢化するにつれてフケやあかとしておちるということがわかったそうです。

この細胞は最後は皮膚細胞に姿を変えて落ち行くなんて衝撃ですね。
実験はマウスでしたが、細胞のDNA(デオキシリボ核酸)にダメージがたまったことが原因で起こるこの現象は、人間でも同じ現象がみられるようです。



研究では、「老化で幹細胞のDNAに傷が残り、「17型コラーゲン」を分解する酵素が多く出るようになっていた。17型コラーゲンが分解されて減少すると、毛包が小さくなることを突き止めた。人の頭皮でも50〜70代の毛包は20〜30代より小さく、17型コラーゲンの量も減っていた。」という内容があり、
コラーゲンが減少が薄毛の原因になるということが明らかにされました。

これまでわかっていた薄毛の原因は、強力な男性ホルモンが引き起こすものだけでしたが、今回解明されたのは男性ホルモンが原因ではない薄毛について。男女関係なく、「歳を取っていくことにより毛が薄くなっていくメカニズム」ということです。

このメカニズムをもう少し詳しく説明すると、
毛包幹細胞という毛を作る細胞は、コラーゲンの一種に保護されていますが、毛包幹細胞は、毛と作るときに細胞分裂し、徐々にDNAを傷つけます。若いうちは自ら修復できますが、歳を取ると修復のためある酵素に頼らざるを得なくなります。
ですが、その酵素はコラーゲンを分解してしまうため、コラーゲンの保護を失った毛包幹細胞は、皮膚の表面へと追いやられ、毛穴が徐々に小さくなっていくという仕組みです。

毛包幹細胞は、表面まで行くとフケや垢となって皮膚から剥がれ落ちてしまい、毛穴すら無くなってしまいます。
遺伝子操作したマウスの実験によると、このコラーゲンを持っていないマウスは生後10カ月でほとんどの毛が抜け落ちてしまいましたが、一方で、このコラーゲンを体内で作り続けるマウスは、2年8カ月を過ぎても、毛がフサフサだったという結果に…。


コラーゲンサプリは巷にあふれているので、早速ドラッグストアにサプリを買いに行こう…と思った方、ちょっと待ってください!

残念ながら毛に関わるコラーゲンは、サプリなどでは摂取できないのです。
コラーゲンサプリを摂取しても、体内でアミノ酸に分解されてしまうだけです。

ですが、「体内に活性酸素が過剰に発生すると、それを除去しようとしてアミノ酸やビタミンCが使われてしまい、毛髪の育成に使われなくなってしまう」という情報があるように、活性酸素対策は薄毛にも効果があるようです。

スキンケアに詳しい女性の方ならご存じかもしれませんが、
実はビタミンCが、この活性酸素対策に重要な役割をもっています。
ビタミンCは、別名「美肌のビタミン」とも呼ばれるほど、肌環境を整え、美しい肌のキープに欠かせない存在です。その理由は、強力な抗酸化作用によって肌を守るためなのです。

ビタミンCサプリはちまたにあふれているので、早速ドラッグストアにサプリを買いに行こう…と思った方、ちょっと待ってください!

体内に吸収されたビタミンCは活性酸素の害を引き受けてくれますが、残念なことに薄毛対策として毛包幹細胞に届く前に、そのほとんどを消費してしまいます。頭皮に届けられるのは1%にも満たないのです。
こうしてビタミンCが不足して17型コラーゲン生成が妨げられることによって薄毛になるわけです。
つまり、薄毛問題は生きてく上では優先度が低いってことですね。まぁ命に別条はありませんからね…。

ビタミンCは酸化しやすいことと、体内に蓄積しておくことができないため、サプリメントなどから摂取する場合は継続的にそしてこまめに摂取する必要があります。
こと薄毛対策としてはもっと効率的に摂取したいところです。
また、体内のビタミンCを減らしてしまうので喫煙者は要注意です。



実はビタミンCは肌に直接塗布(経皮摂取)も効果的なんです。

というわけでピリピリするけど柑橘系の香水代わりにレモン汁をスーパーで買ってこようと思った方、ちょっと待ってください!

今はビタミンCによる育毛ということで、そのための商品も出ていますのでそんなことをする必要はないのです。

薄毛対策に使える商品はこちら

ビタブリッドCヘアーEXのビタミンCはコラーゲンの生成を助けるのよ!

 

サイトマップ